弁護士相談

交通事故問題に強い弁護士とは?他の弁護士との違いが知りたい!

更新日:

悩む人
交通事故に遭ったとき、被害者が自分一人で対応するといろいろな面で不利になるので、弁護士に対応を依頼する必要性が高いです。

しかし、弁護士に依頼すると言っても、どのような人でも良いというわけにはいきません。

実は、弁護士にはいろいろな得意分野があるので、交通事故問題は交通事故に強い弁護士に依頼する必要があります。

今回は、交通事故問題に強い弁護士と他の弁護士との違いについて、解説します。

1.交通事故での弁護士の必要性

交通事故の被害者には、弁護士による助けが非常に重要です。

以下で、その理由をご説明していきます。

まず、交通事故被害者は、大きな不安を抱えていて精神的に安定しにくいです。

事故の影響で仕事ができなくなる人もいますし、ケガによって身体が思うように動かずに、ストレスを抱えることも多いです。

こんなとき、弁護士が必要なアドバイスをしてくれたり、必要な対応をしてくれたりすると、被害者は安心できます。

また、交通事故後には、相手の保険会社と示談交渉をして、賠償金を支払ってもらわないといけません。

ところが、被害者が自分で交渉をすると、低額な任意保険基準や自賠責基準によって賠償金を計算されるので、賠償金の金額を大きく下げられてしまいます。

ここで弁護士に対応を依頼したら、弁護士基準という高額な基準で賠償金を計算してもらえるので、賠償金が大きくアップします。

さらに、相手と交渉をしても合意ができない場合には、訴訟などの法的手続きが必要になります。

被害者が1人で裁判をすると明らかに不利になるので、訴訟をするなら、必ず弁護士が必要です。

このように、交通事故後の対応では、各場面において弁護士が必要です。

 

2.弁護士に得意分野がある!

交通事故問題に対応するためには弁護士が必要と言っても、どのような弁護士でも良いというわけにはいきません。

弁護士には、それぞれ「得意分野」があるためです。

このようなことを言われると「えっ」と驚かれるかもしれません。

一般的には、弁護士というと、「すべての法律を知っている」とか「どのような法律問題にもまんべんなく相談に乗ってくれる」というイメージが強いためです。

しかし、このようなことは、大きな誤解です。

「すべての種類の案件を取り扱っている弁護士など、いない」と言っても過言ではありません。

弁護士の取り扱い分野は、非常にたくさんあります。

たとえば交通事故、債務整理、離婚、相続、ネット誹謗中傷、刑事事件、労働事件、近隣トラブル、不動産、企業法務、債権回収など、上げていけば切りがありません。

どのような弁護士も、何らかの得意分野を持っていて、それをメインに活動しているものです。

このことは、医者の専門科に似ています。

たとえば風邪を引いたときに外科に行く人はいないでしょう。

同じように、弁護士を選ぶときにも、依頼したい分野の専門家を選ぶ必要があるのです。

交通事故問題を相談するなら、交通事故問題を得意としていて交通事故に積極的に取り組んでいる事務所を探さないといけません。

 

3.交通事故問題に強い弁護士とそうでない弁護士の違い

違い

それでは、交通事故問題に強い弁護士とそうでない弁護士には、どのような違いがあるのでしょうか?

3-1.アドバイスが明確

交通事故問題に強い弁護士は、交通事故についての知識や経験が豊富です。

そこで、相談を受けたら、概要を聞いただけでだいたいの見通しが立ちます。

また、ケースごとに必要な対処方法などもすぐにわかります。

そこで、こうした弁護士に相談をすると、明確にわかりやすいアドバイスをしてもらうことができます。

たとえば、交通事故直後に弁護士に相談をしたとき、交通事故に強い弁護士なら、今後の手続きの流れや見通し、当面とっておくべき対処方法などについて、わかりやすくアドバイスしてくれるので、助かります。

これに対し、交通事故問題が得意でない弁護士の場合には、今どのようなことに気をつけたら良いのかや、いつ頃示談交渉が開始するのか、どのくらいの賠償金をもらえそうかなどについて、聞いても明確には答えてくれないでしょう。

結局、問題が解決できず、消化不良のまま法律相談を終了することになってしまいます。

3-2.手続きがスムーズ

交通事故問題に強い弁護士に対応を依頼すると、各種の手続きがスムーズに進みます。

たとえば必要書類の取り寄せや各種の手続きの申請、相手の保険会社との示談交渉などについても、知識とノウハウが豊富なので、いちいち確認をしたり調べたりする必要がありません。

そこで、必要なときにその都度対処できるので、すべての手続きが前倒しで進んでいき、スピーディーに進めることができるのです。

これに対し、交通事故が不得意な弁護士に依頼すると、いろいろな手続きにもたついてしまいます。

交通事故の問題など、早く解決してしまいたい被害者が多いでしょうから、このようにして時間が長びいてしまうことは、大きなデメリットとなりますし、ストレスもかかります。

3-3.知識とノウハウが豊富で、示談交渉が有利になる

交通事故問題に強い弁護士は、交通事故事件についての知識とノウハウが豊富です。

そこで、相手との示談交渉をするときにも有利に運ぶことができます。

相手が賠償金を減額するために反論をしてきても、判例や法律的な考え方を持ち出して、効果的に対処することができます。

反対に、交通事故問題に強くない弁護士の場合には、相手に反論をすることもできず、適当な条件で示談をしてしまうこともあります。

交通事故の被害者にとって、示談金がいくらになるかは非常に重要な問題ですから、このように適当に示談されてしまうと、大きな不利益があります。

3-4.後遺障害等級認定を受けやすい

交通事故に遭ったら、さまざまな後遺障害が残ることがあります。

後遺障害が残ると、その内容に応じて相手に慰謝料や逸失利益の支払いを請求することができますが、そのためには、後遺障害の等級認定を受けなければなりません。

等級認定を受けない限り、辛い症状があってもその分の賠償金を支払ってもらうことができないのです。

交通事故問題に強い弁護士は、後遺障害の等級認定に力を入れている弁護士が非常に多いです。

後遺障害等級認定に必要なノウハウや最低限の医学的知識を持っていますし、協力してくれる医師がいる事務所もあります。

そこで、そういった弁護士に依頼すると、確実に高い等級の後遺障害の認定を受けられるように手続きしてくれて、結果的に被害者が受けとる賠償金の金額が上がります。

これに対し、交通事故問題が得意ではない弁護士は、後遺障害等級認定の手続きも不得意です。

後遺障害の等級認定の場面では、最低限の医学的知識も必要ですし、提携している医師などがいると有利に運ぶものですが、交通事故問題に強くない弁護士は、医学的な知識も提携している医師もいないことが普通です。

そこで、交通事故問題に不得意な弁護士に依頼すると、本来受けられるべき等級認定を受けられず、賠償金が低くなってしまうおそれがあります。

 

4.交通事故問題に強い弁護士に依頼するメリット

次に、交通事故問題に強い弁護士に依頼するメリットを確認していきましょう。

4-1.安心感が強い

交通事故問題に強い弁護士に依頼すると、どのような問題にも的確に答えてくれるので、依頼者が不安に感じることはありません。

また、手続きもサクサクと進めてくれるので、「今どうなっているのか?」などと疑問を感じることもなく、安心感が高いです。

相手から賠償金の減額を主張されても、的確に反論してくれるので、任せていたら大丈夫という気持ちになることができます。

相手と合意ができない場合には、訴訟になっても弁護士が助けてくれるという安心感も強いです。

このように、交通事故問題に強い弁護士に対応を依頼していると、各場面で被害者が安心できます。

交通事故の対応はすべて弁護士に任せられるので、被害者自身は治療や日常生活、仕事などに専念できて、大きなメリットがあります。

4-2.賠償金が高額になる

交通事故問題に強い弁護士に対応を依頼すると、相手から支払いを受けられる賠償金の金額が高額になります。

まず、交通事故問題に強い弁護士は、示談交渉が得意です。

相手の保険会社が主張しそうな反論を予測して、先回りして対応することもできますし、どうしたら相手の保険会社の主張をつぶすことができるかも知っています。

また、交通事故問題に強い弁護士は、確実に弁護士基準を当てはめて計算してくれます。

弁護士の中でも、交通事故問題に強くない弁護士は、相手の保険会社の言い分に乗って、一部弁護士基準ではない基準で賠償金を計算するため、安くされてしまうことがあります。

交通事故が得意な弁護士なら、そのような妥協はしません。

交通事故に強い弁護士は、過失割合について争いがある場合などにも、裁判の基準を持ち出して適切に認定してくれます。

資料が足りない場合には、実況見分調書その他の書類を取り寄せて事故の状況を確認し、被害者に有利になるように認定してくれます。

さらに、確実に高い等級の後遺障害等級認定を受けてくれるので、後遺障害慰謝料や逸失利益も高額になります。

自分で等級認定申請をして低い等級で認定されてしまった場合や非該当(後遺障害が認められないこと)になってしまった場合でも、交通事故に強い弁護士に依頼すると、異議申し立てをしてもらうことができます。

このことで、より高い等級の後遺障害を認定してもらえることも多いです。

以上のように、同じ弁護士に依頼するのでも、交通事故問題に強い弁護士に依頼すると、そうでない場合よりも賠償金額が高額になることが多いので、メリットがあります。

4-3.費用は変わらないか、むしろ安いこともある

交通事故の専門弁護士に依頼すると、専門家だから費用が高額になるのでは?

と心配される方がいるかもしれません。

いくらメリットが大きくても、費用が高すぎると依頼できないと思われるでしょう。

しかし、その点は心配要りません。

交通事故問題に強い弁護士は、多くの交通事故問題を処理しており、よりたくさんの交通事故の被害者からの相談を受けたいと考えているので、むしろ費用を安くしていることが多いです。

交通事故問題に強い弁護士がたくさんいるため、お互いに顧客獲得争いをしているという状況もあります。

無料相談を受けてみよう

交通事故に力を入れている弁護士の多くは「無料相談」を実施しています。

弁護士に相談をすると、30分5000円程度の相談料がかかることが普通なのですが、無料相談を利用すると、その法律相談料が無料になるのです。

交通事故問題に力を入れている弁護士は、「初回30分無料」「初回相談無料」「交通事故の相談は何度でも無料」など、交通事故関連やそれ以外の法律相談料の無料枠をもうけていて、ホームページでも記載している例が多いです。

交通事故問題に強い弁護士にアドバイスを受けたいなら、まずはこのようなサービスを利用することをおすすめします。

完全成功報酬制の弁護士も多い

交通事故問題に強い弁護士は、完全成功報酬制という報酬システムを採用していることも多いです。

これは、当初にかかる弁護士の着手金を無料にして、示談金が入ってきたときの成功報酬のみにする制度です。

交通事故に限らず、通常弁護士に何らかの手続を依頼するときには「着手金」という費用がかかります。

ところが、交通事故問題に強い弁護士は、解決時に相手から多くの示談金の支払いを受けられる自信があるため、着手金を無料にしているのです。

着手金無料の弁護士に依頼すると、当初に費用がかからないので、手元にお金がない人でも安心ですし、相手から支払いを受けられなかったときに、弁護士費用の分だけ損になるおそれもありません。

 

5.交通事故問題に強い弁護士の特徴は?

交通事故問題に強い弁護士の特徴は?

それでは、どのような弁護士が「交通事故問題に強い弁護士」なのでしょうか?

弁護士は医師のように「内科」「外科」「耳鼻科」などとはっきり事務所に書いてあるわけではありません。

単に「〇〇法律事務所」などと書いてあるだけです。

そこで、一般的には、交通事故問題に強いかどうかがわからないものです。

そこで、以下では交通事故問題に強い弁護士の特徴をご紹介していきます。

5-1.実績が豊富

まずは、交通事故問題についての実績が豊富なことです。

実績には、相談実績と解決実績があります。

相談実績とは、交通事故に関する相談を受けた数です。

相談だけで終わり、事件の依頼にはつながらなかったケースも含まれています。

そこで、件数は多くなりますが、相談実績だけが豊富でも、解決できていなければあまり意味が無いとも言えます(ただ、相談実績もない事務所よりは良いことは、明らかです)。

次に、重要なのは解決実績です。

解決実績とは、今までに交通事故事件を解決した実績です。

これが多い事務所は、交通事故問題に長けていてノウハウや知識経験も蓄積されている可能性が高いです。

5-2.交通事故に力を入れている

交通事故に強い事務所は、交通事故問題に力を入れているものです。

このようなことを言われると「当たり前じゃないか?」と思われるかもしれませんが、必ずしも当たり前ではないのです。

弁護士は、医師のように「内科」「外科」などとはっきり言っているわけではないので、どのような分野に力を入れるかは、その弁護士のそのときの考え次第です。

そこで、以前は交通事故に積極的に取り組んでいなくても今は交通事故に力を入れているということもありますし、その逆もあります。

自分の事件に力を入れて取り組んでほしければ、今現在交通事故に積極的に取り組んでいる事務所を選ぶべきです。

5-3.交通事故コラムなどが充実している

交通事故問題に強い事務所のホームページや関連サイトを見ると、交通事故にまつわる各種の法律問題や手続き方法などについて、コラムを書いていることが多いです。

こうしたコラムを見て、わかりやすいな、と感じたり、内容が役に立つとか、情報量が多いと感じたりしたなら、その弁護士は交通事故問題に強い可能性が高いです。

 

5-4.後遺障害等級認定が得意

交通事故問題に強い弁護士は、たいてい後遺障害等級認定手続きを得意としており、そのことを売りにしていることが多いです。

交通事故で高額な賠償金を獲得するためには、後遺障害の等級認定を成功させることが必須だからです。

後遺障害等級認定の手続きは、行う人の手腕が大きく問われるところでもあります。

経験豊富で実績もある弁護士に依頼して、なるべく高い等級の認定を受けましょう。

「後遺障害等級認定が得意」とうたっている事務所や、「等級認定に対する「異議申し立て」について積極的にご相談下さい」、などと書かれている事務所は、交通事故全般に対して力を入れていることが普通です。

5-5.医師と提携している

医師

交通事故で、適切に治療を進めて後遺障害の等級認定を受けるためには、良い医師にかかることが非常に重要です。

治療が終わっていないのに相手の保険会社から「治療を終わるように」と言われることがありますが、そういったときにも、交通事故被害者に協力的な医師にかかっていたら「まだ症状固定していない」ことを明らかにした診断書を書いてくれるので、相手に対抗することができます。

また、後遺障害の等級認定を受けるときには、後遺障害診断書を書いてもらう必要がありますが、このときにも、交通事故問題に詳しい医師に書いてもらうと効果的です。

ところが、交通事故被害者に協力的な医師は、意外と少ないです。

交通事故被害者にかかわると、後遺障害の問題や保険会社とのトラブルなどに巻き込まれるので嫌がる医師も多いのです。

交通事故問題に強い弁護士は、交通事故被害者に協力的な良い医師と提携していたり、知り合いであったりすることがあります。

ホームページなどで「医師と提携しています」「医師を紹介出来ます」などと書いてある事務所は、交通事故問題に強い可能性が高いです。

5-6.交通事故関係の執筆歴がある

弁護士は、いろいろな本を執筆する機会があるものです。

たいてい、自分の得意とする分野の本を執筆します。

そこで、交通事故関係の本を執筆したことがある弁護士は、交通事故問題を得意としていることが多いです。

弁護士は、自分のプロフィールページに、これまでの執筆履歴を載せていることが多いので、こうしたものも参照すると良いでしょう。

5-7.交通事故委員会って何?

ところで、弁護士のホームページを見ていると、「交通事故委員会に所属」などと書いてあることがあります。

ネットの情報を見ていても、「交通事故委員会に所属している弁護士は交通事故に強い」などと書かれていることもあり、気になっている方もいるかもしれません。

結論的に言って、交通事故委員会に入っているからと言って、交通事故に強いとは限りません。

弁護士は、どこかの都道府県の弁護士会に加入しているのですが、各弁護士会では、必ず何らかの委員会に入らないといけません。

そこで、自分が特に関心がなくても、何らかの委員会に入っているのです。

そして、委員会に名前だけ残して、ほとんど会議には出席していない会員もいます。

日頃全く交通事故問題を取り扱っていない弁護士や1年目の新人弁護士でも交通事故委員会に所属している人はたくさんいます。

そこで、交通事故に強い弁護士を探したいとき、弁護士が交通事故委員会に所属しているかどうかは判断の資料にする必要がありません。

 

6.交通事故問題に強い弁護士の探し方

最後に、交通事故問題に強い弁護士を探す方法をご紹介しておきます。

今の時代は、やはりネットの情報を活用するのが便利です。

弁護士事務所の多くはホームページを持っていますし、ホームページには、その弁護士事務所の特徴が色濃く表れるからです。

そこで、ネット上の弁護士事務所のホームページをチェックして、交通事故問題に積極的に取り組んでいる事務所を探しましょう。

たくさんあるので、自分の家から通いやすい事務所で、雰囲気の良さそうなところを選ぶと良いです。

ホームページには弁護士のプロフィールや挨拶文、写真なども掲載されているので、男女や年齢、雰囲気など気に入った人を選ぶことができます。

また、ホームページに「無料相談」と書いてある事務所では無料相談を受けることができますし、書いていない事務所でも、問い合わせたら無料相談を受け付けていることがあります。

気になる事務所があったら積極的に連絡をして、無料相談ができるかどうか、尋ねてみましょう。

できれば、複数の事務所で無料相談を受けて、もっとも良さそうな事務所に依頼することをおすすめします。

その際、費用についても確認して、リーズナブルな事務所を選ぶ姿勢が大切です。

 

まとめ

以上のように、交通事故問題に強い弁護士を探して依頼すると、いろいろな場面で有利になります。

確実に弁護士基準を適用してくれますし、効果的に後遺障害の等級認定を受けてくれたり、上手に相手の保険会社と交渉をしてくれたりするので、最終的に獲得できる賠償金の金額が大きく上がります。

このようなことは、同じ弁護士でも交通事故に力を入れていない弁護士には期待できないことです。

交通事故に遭って弁護士を探しているなら、ネットのホームページを検索して交通事故に積極的に取り組んでいる事務所を探し、無料相談の申込みをしてみましょう。

→ 交通事故問題に強く、無料相談できる弁護士はこちら

  • この記事を書いた人
陽子福谷

福谷 陽子(元弁護士)

元弁護士。平成16年より交通事故や離婚、債務の問題を多く取り扱う弁護士として活躍。平成19年4月陽花法律事務所を設立。現在は、体調不良により、法律問題をわかりやすく解説するライターとして活躍中。

-弁護士相談

Copyright© 元弁護士が解説!交通事故の被害者が損しないために , 2019 All Rights Reserved.